ちなのこの手が光って唸る

★今は昔、日本橋でメイドとかディーラーとか店長とかやってた人のブログ★
<< ぱーと2 | TOP | ぱーと4(東京) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
ぱーと3(富士山)

まだまだ続くのです(*´∀`*)
パート3からは8月になるのですけど…
7月えらい色々行ってるなー・・・w
遊びに行った時に写真撮り忘れたり
そもそも撮るものなかった場所に行った友達とかも居たから
それを考えると結構な出歩き頻度です\(^o^)/
しかしとてもとても楽しかったので問題ないのです\(^o^)/



さて8月頭は結構凄いとこ行きました。
じゃーん。
120803_1833211.jpg
富士山!!!!!!!
これについてはちょっと長めに書きます(`・ω・´)

日本に生まれたからには一度くらい登りたいなーとか思ってたけど
なかなかそんな機会もなかったのですが
友人達が集団登山するとの事で登ってきました☆
バスを貸切で登山口まで行ったのですが
なんだか修学旅行みたいな雰囲気でした。w
登山口で東京組みと合流して合計27人での登山。
確かに小さい学校の一クラス分くらいの人数ですねw

登山口到着で寝ぼけながらも
さー登山準備するかーと思って荷物を開けた時、その異変に気付く。


登山靴が無いwwwwwwww


大阪組集合場所へ向かうタクシーの中で
「登山しに来てるのに登山靴忘れるバカは居ないってーwwww
みたいな話をしていたのにwwwww
まさかの私の事でしたwwwwwwwwwwww


さすがにサンダルで登山するわけにも行かないので
他の皆が登るペースごとにグループ分けして先に上ってる間に
片道一時間をかけて麓のイオンで適当な靴を買って戻ってきましたよ!!!
ほんと車を貸してくれた東京組の人とバスの運転手さんに感謝やー(´;ω;`)

一人で登るわけだし自分のペース&根性で登りきるぞーと思ってたら
幹事さんが登山口入り口に残って待ってくれてました(´;ω;`)

その幹事さんととりあえず全チーム集合予定の9合目まで登ったのですが
幹事さんがめっっっっっっっっっちゃくちゃ異常に早く登る人だったので
ほんと一瞬で9合目に着きましたw
こんだけ早いペースだったのに高山病の気配すらもなくw
グループ分けしてた登山メンバーの人たちも抜かしまくってたので
よくこのペースで登れたなーと皆に感心されて
「ああ、昔身体鍛えてて良かった☆」なんて事を思いました(*´∀`*)

ちょっぴり仮眠を取ってからご来光を見る為に
ヘッドライトを点けて登ること少し。
120804_0448051.jpg
ちゃんと27人全員でご来光見れましたー(*´∀`*)
高山病っぽい症状が出てた人もいたけど
皆登れるなんて凄いですなー(*´∀`*)

ここで朝ごはんを食べた後
富士山の一番高いところである剣ヶ峰に登ってー
帰り道は大砂走りのある御殿場ルート!
下山はグループというよりは個人個人で下山してたのですが
折角だからトップ集団に付いてってみよーと思って
下山開始してみたら
皆元運動部とかそういう人たちばっかりだったので
異常なスピードでした\(^o^)/
私の歩幅だともう常に小走り状態\(^o^)/
ていうか所々走ったりもしてました。
今考えたらよく走ってたな、私…

折角だから・・・と思ってついてったら
意外とそのまま離れることなく降りれました\(^o^)/
下山してからもわりと体力が有り余ってて
自分でもちょっと気持ち悪かったです\(^o^)/

ちなみに下山途中の写真がこれ。w
画面中央の辺りピンクの点がおそらく私です\(^o^)/
この写真の地点からもかなーり距離あって
一番げんなりしてたときの写真と思われますwwww

富士山の写真が風景ばっかりなのは…ほら。
登山だと思って完全にすっぴんで行ったんですよ。
そしたら私以外の女性陣が皆ちゃんと化粧してて
うわー!ってなって自分が写真に写るのを極力避けたっていうw

この後麓のお店でまったり他のグループを待ちながら
カツカレーを食べたりゲームの話をしたりしつつ
全員が揃ったら温泉へ(`・ω・´)
サッパリしたところでお昼のバイキングを食べて
またバスにて大阪へ戻ってきて解散
…とはならなかったので
晩御飯にもつ鍋食べてマッサージ行って帰って寝ました\(^o^)/
いやー、この富士山旅行の間はよく動きましたね(`・ω・´)
とても楽しかったです!

もう富士山の話長かったからぱーと3はこれでいいや!w



ちなみに余談ですが
私が忘れた登山靴は家の玄関に綺麗に揃えて置いてました。
・・・なぜここまでしておいて忘れたんだろう、私…

日記 | 16:27 | author ちな | comments(1) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 16:27 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
2012/08/22 5:31 PM by -
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://china001.jugem.jp/trackback/635
トラックバック